糖尿病の症状を改善するために│把握しておくべきこと

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

食道にできる腫瘍

病院

食道がんは食道と呼ばれる器官にできるがんです。食道は喉と胃の間を繋ぐ細長い筒状の臓器で、その名の通り口から取り入れた食べ物を胃へと送る役割を果たしています。罹患者は先進諸国の中でも日本が際立って多く、現在でも増加率は上昇し続けています。五十代から七十代が罹患するピークです。女性と比較して男性の罹患率が極めて高く、最大で五倍程度の差があると言われています。日本での罹患者の約九割が扁平上皮がんであり、食道がんと言えば通常このタイプのがんを言います。食道がんの治癒率は高く、早期発見で仕留める事ができたなら完治も可能です。一方で、食道は多数の血管やリンパ節と隣接しており、血液の流れに乗って腫瘍が転移する場合も多いのが特徴です。

食道がんの罹患原因として飲酒や喫煙が指摘されています。この二つはリスクを高め合う相乗効果があるとされており、飲酒も喫煙もする中年男性は注意が必要です。この他、暴飲暴食などで食道を酷使したり、刺激物を好んで摂取する場合はリスクを高めます。また肥満による確実なリスク上昇が確認されています。食道がんの初期症状は皆無で、違和感での発見は困難です。人間ドックで発覚するケースが二割ある事から、定期的な健康診断が早期発見の鍵となります。無症状で治療できた場合は完治の確率が高いです。食道がんが進行すると喉奥が染みるような感覚や喉に何かが突っかかるような感覚、声が掠れるなどの症状が出てきます。他のがんと比べて抗がん剤治療や放射線治療が効きやすく、生存率も改善を続けています。